FC2ブログ
蒲田サクラ会連合ブログ
風の吹くまま気の向くまま、楽しくあるのが生き甲斐だ! 「てめぇ等!今日も遊んで下さい!」 蒲田サクラ会連合、見参!!
2008/01 1234567891011121314151617181920212223242526272829 2008/03
サクラ会入会人数



2008/02/18(月) 16:37 総長
掃除デー
今日は休みだったので掃除をおこないまいした。

あまりにも汚かったのでこのままでは某マンガのようにまるでダメなオッサン(通称マダオ)になってしまうところでした。

非常に汚かったのでせいせいしました。

マメに掃除もしないといけないと思いました。


スポンサーサイト




コメント:4 トラックバック:0

2008/02/15(金) 00:49 八世
総長より質問が有ったので
先日八世が書いた雛祭りパーチーの記事のコメントにて、総長より「雛祭りは女の子の行事だったか?」という質問が有った為、雛祭りをちょいと調べてみた。

長いので部分的に省略してあるが、以下「」内が引用部分。

●桃の節句の由来
■桃の節句は、平安時代から
 昔の日本には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)があり、当時この行事は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事でした。その中の一つ「上巳(じょうし)の節句」が後に「桃の節句」となります。

■上巳の節句が桃の節句へ
  平安時代、上巳の節句の日に人々は野山に出て薬草を摘み、その薬草で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に宮中の紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展してゆきます。
 室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、やがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。

■初節句のひな祭りは、身のけがれを祓う災厄除けの行事です。
 ひな祭りは、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての「桃の節句」が、庶民の間にも定着して行ったお祝いです。



つーわけで、雛祭りは基本的に女の子の為の厄除け行事なわけだ。
総長んとこは妹君が居るから雛人形が有っても不自然じゃないわな。


さぁて、節分もバレンタインも終わったし、今後は全力で雛祭りに向けて意欲を燃やせるな!
今年も雛あられを貪り食うぜ!!

コメント:4 トラックバック:0

2008/02/13(水) 18:33 総長
不幸な日
今月の雪降った日の日曜日は最悪だった。

早番で朝から雪。

仕事場に行くまでに黒猫が3回も横切った。

会社に行く前から嫌な予感。

そしたら案の定。

調理は失敗するは、パートさんは雪で来ないは散々でした。

むしゃくしゃしたので寒い中アイス食ってやりました。

コメント:1 トラックバック:0

2008/02/06(水) 01:10 八世
サクラ会連合面子へ御誘い
雛祭りパーチーやんない?

男女関係無く、皆で雛あられ等を貪り食う集いをやらんかね?
勿論、雛あられ以外にも食うとも、肉を!!

折角殆どの月に行事が有るんだから、馬鹿騒ぎせんと勿体無かろう!


と言う訳で参加者募集中。
希望者は八世迄連絡下されたし。


今年も魂が摩り切れる迄遊ぶぜ遊ぶぜ遊ぶぜーッ!!!

コメント:3 トラックバック:0